現場工程写真管理台帳作成ソフトウェア【 現写 】デジタルカメラ版

工程写真台帳作成ソフト【現写】とは? 写真台帳完成までの流れを公開!

工事で使うソフトウェアは、
工事の会社が作る。

台帳がアルバムじゃなくて【 EXCEL 】だから、

→ 現場の特殊な要望にも対応できる。

→ 誰でも使える、すぐに修正できる。

→ データが軽い。メールで送れる。


キャンペーン
お試しください。
最新バージョンできました。
> 詳しくはこちら 
撮影風景
次世代の工程写真管理。
圧倒的な使いやすさを貴方に。
> 無料お試し版 
写真台帳
EXCEL形式の写真台帳。
慣れたソフトで手直し簡単。
> 無料お試し版 
スクリーンショット
洗練された使い勝手。
さらに定期的に要望をお聞きします。
> 無料お試し版 

工程写真台帳の完成までは3ステップ。

いつも通り写真取り込み。

まずはいつも通りパソコンに写真を取り込みます。工事、工程ごとにフォルダで管理している方もいつも通りのやり方で取り込み、整理してください。

写真取り込み
EXCEL台帳の「枠」を作成します。

工種、工程を選択し編集します。工程名などは貴社の業務に合わせて自由に設定してください。これで写真の入っていないEXCEL台帳の「枠」が自動的に作られます。

台帳枠作成
出来上がった「枠」に写真を割り当て、完成。

STEP02で作成した「枠」を呼び出し、写真を割り当てます。ドラッグ&ドロップでフォルダごと一括で割り当てることも可能です。レイアウトは自動で行われます。

写真台帳完成

実際の「現写」ソフトウェアでの手順を見てみましょう。

工事パターンの選択

予め設定されている基本工事を選択・複製し、新しい工事を設定していきましょう。この工事も新しい工事パターンとして保存されます。使えば使うほど効率が上がっていきます。

施工順パターンの設定

工種を選択し、施工順パターンの設定を行いましょう。同時に施工場所・施工面・箇所を設定します。勿論それぞれの名称は自由に変更可能です。
> 施工順パターン例

EXCEL形式の台帳枠を作成

施工順パターンの設定完了後、「台帳枠の作成」ボタンをクリックするだけで工事名や施工名などのテキストがレイアウトされたEXCEL形式の台帳枠が瞬時に出来上がります。

台帳枠に写真を取り込み

STEP03で作成した台帳枠を読み込み、それぞれの工程に対して写真を割り当てていきます。ドラッグでフォルダごと読み込むことも可能です。 その場合自動的に現場写真の撮影日に並びます。最大登録可能枚数は30枚までです。

EXCEL写真台帳の完成

全て正しい写真を取り込めたら、「写真台帳の作成」ボタンをクリックするだけでSTEP03の枠に写真がレイアウトされ、写真台帳が完成します。
> 写真台帳サンプル



(C) Script by Miyake_kobo.

工種・施工場所・施工面・箇所・施工順パターン等の文言は御社に合わせ自由に変更可能です。

プリセットを活用。

補修工事等については、予め工程などの施工順パターンが初期セットされています。ここから一部文言を変更して使用することも可能です。

新規に作成する。

対象の施工順パターンが初期セットに無い場合は、最長9工程で新規作成することも可能です。もちろん作成した工事は自動で保存されます。

過去作成した工事を呼び出す。

過去に作成した工事は簡単に呼び出すことが出来ます。過去に似たような工事をしている場合、呼び出して一部変更して使うといったことが可能です。


あらかじめ設定されている施工順パターン例( 一部 )について。もちろん文言は変更可能です。

新築工事系や設備工事系など、初期セットされていない施工順パターンをご希望の場合は、是非こちらからご相談ください。
こちらからご連絡させて頂きます。

是非、無料版( デジタルカメラ版 )をお試しください。

無料版については機能的な制限は無く、出力されるEXCELファイルが編集できないよう保護される形となります。( 製品版のお申込みはこちら )
( 写真に「SAMPLE」の文字が入ります )

パソコンで使用しているメールアドレスをご入力ください。
お送りするメールの本文中に無料版へのダウンロードURLが記載されます。


動作環境( システム規約 )
OS:Windows 8.1 / Windows 7 / Windows Vista( SP2以降 )
CPU:Pentium4またはAthlonデュアルコア3.0GHz以上
メモリ:2GB以上
必須ソフトウェア:
・ Microsoft Excel 2003〜2010
・ .NET Framework Version 4.5( ※初期インストール時に設定されます )※「.NET Framework Version 4.5」を、アンインストールすると当システムは動作致しません。
ディスク空き容量:2.0GB以上
ディスプレイ:1024x768以上
インターネット環境


現写 iOS版について

現写 iOS版は、Apple社iOS機器(iPhone, iPod touch等)と連係して動作するWindowsソフトウェアで、デジタルカメラ版の上位版にあたります。
App Store で配布されている現写アプリ( App Store )で工程写真を撮影し、PCと接続して現写 iOS版から取り込むと、 デジタルカメラ版では必須だった写真の取込作業がスキップされ、瞬時に写真台帳が完成します。
これは予め設定しておいた工事名や工種、施工順パターンを選択してから写真撮影をすることで、写真とそれらの情報が紐付きます。これが写真の選択を不要にしているのです。
ご興味のある方はこちらからご連絡ください。ご説明に上がります。

従来の方法で台帳作成する場合・・・

デジタルカメラで写真撮影。失敗したらもう一枚。どんどん撮るよ〜

パソコンと接続し写真取り込み。枚数多い・・・どれが正解の写真?

写真リサイズ、レイアウト、テキスト入力・・・終わらない・・・

数時間かかってやっと完成・・・もうダメ廃人寸前です・・・

現写 iOS版で台帳作成すると・・・

iOS機器で工事、工種を選んで撮影。失敗した写真は上書きで撮り直し。

パソコンと接続しソフトから写真取り込み。選択の必要なし。らくらく〜

ほぼ全自動で写真台帳完成。あれ?もう終わり?コーヒー飲も。